キャビテーションの感想で見る「痛かった」は何が痛い?

バストやヒップには適度なボリュームがあり、ウエストや太ももが引き締った理想的なボディラインはすべての女性のあこがれです。理想のボディになりたいとエクササイズをしたり食事を制限しても痩せたいところはなかなか痩せることはできません。狙った部分だけ細くする部分痩せは自己流のダイエットでは不可能だと言われています。楽して理想的なボディを手に入れるならキャビテーションという施術がおすすめです。
キャビテーションはエステサロンや美容クリニックで受けることができます。この施術は超音波の振動によって脂肪を液状化して排出する痩身方法です。キャビテーションは超音波を照射するだけの施術で、施術中はほんのり温かさを感じる程度で、痛みは一切ありません。しかし、キャビテーションを受けた人の感想を見ると「痛かった」という意見があります。この「痛かった」というのはどういうことなのでしょうか。
初期のキャビテーションのマシンでは若干の痛みや熱さを伴うものがあったようですが、現在のマシンではそのような問題は解消されているので、施術自体に痛みはありません。キャビテーションの施術を受けて「痛かった」というのはキャビテーションと一緒に行う施術の痛みです。施術を行った後は、溶けた脂肪の排出を促すため、リンパマッサージ、強力なローラーで脂肪を燃やすエンダモロジーなどが組み合わされて行われます。リンパマッサージはリンパに沿ってゴリゴリと老廃物を押し流すため、痛みを感じることがあります。エンダモロジーは脂肪が固い人が受けるとかなりの痛みを伴う施術です。キャビテーション自体には痛みがなくても一緒に組み合わせて行う施術には痛いものもあるので、「痛かった」と感じる人もいるのです。
キャビテーションエステおすすめ人気ランキング|おすすめはズバリこのサロン!はこちら